SPFレコードなどなど 

知り合いから頼まれて、外国にあるサーバを日本のサーバに移管。

VPSについてまともに調べたことがなかったけど、
いきなり大きくスケールすることもないと思うので、安さ優先で調査。

最近、調べるとほとんどGMOにつながるなと思う。
とりあえず、SSDにしたかったので、Conohaの900円プランで5年は持つだろうということで契約。
それより安いプランはさすがにPHP動かすなどになるときつそう。

WordPressで作られていて、PHPのバージョンも聞けない雰囲気だったのでとりあえず最新のPHP7を。
せっかくなので以前作った構成をベースにNginxも設定。

Google insight speedで確認。
過去のサーバよりもモバイルは得点は上昇。
パソコンは下降。。。
なので言われるがままに設定。

主にgzip圧縮やcacheの設定を見直し。
それでもパソコンは赤点で、画像圧縮ちゃんとしろとかがメインで怒られる。
これは少しずつ勝手に変えていこう。。
ただ、2,3月頃に一新するようなのでそこまで待つ。

ブラウザからデベロッパーモードで見ると警告やらエラーがわんさか出ているので
これもそのうち解決していく。

で、本題の迷惑メールの件について。
メールの機能は確認してほしいといわれ確認。
特にエラーはなかったので問題ないかなと思ったけど、いくら待ってもメールが届かない。
迷惑メールフォルダを見てみるとそこに入ってた。

あまりこの辺は詳しくなかったので調査。
なりすましのやり方が逆にわかるために、こんなので防げるのか??とか思ってたせいで時間がかかった。。
結局、SPFだけじゃ信頼できないってDKIMと組み合わせたりもするみたい。

独自ドメインのメール送信を SPF に対応させる方法

いくつかのサイトをまわってみても、これを入れればいいとか言って
謎のIPアドレスが出てきたりしてかなり悩まされたので、微力ながら検索上位に来るように良かったサイトをリンク。

あとはnslookupで確認も出来るので確認しましょう。

Qiitaなんかでも簡単にまとめてくれるのは良いんだけど、
本質を知りたい人向けと、とりあえず動けばいいやって人向けになんとか改善できないものか。
厳しいけどlikeだけじゃなくてbadも欲しい。Stack Overflowになっちゃうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *