GoogleCloudPlatform+Wildfly10+JDK9(EARLY) 2

前回の記事

意外と覚えているもんだ。
とりあえずdownloadしてWindowsで確認&開発環境を構築。

・wildfly 10.1.0.Final
http://wildfly.org/downloads/

・Eclipse neon
https://eclipse.org/downloads/

・JDK9 early 64-bit
https://jdk9.java.net/download/

①Wildfly編
1. downloadしたWildflyを解凍。
2. wildfly-10.1.0.Final/bin/add-user.batでManagementユーザを追加。
3. wildfly-10.1.0.Final/bin/standalone.batを実行して確認。
  http://localhost:8080
  http://localhost:9990

2つめのURLは、add-user.batで追加したユーザ/パスワードを設定してログイン。

特に問題なかったので、Eclipse編に。

②Eclipse
1. neonをインストール
2. jboss tools をマーケットプレイスからインストール
  なぜか途中でエラー。Neonだから?
  keep my installation the same and modify the items being installed to be compatibleを選択して進む。
その後も警告とか出るけどとりあえず無視して進む。

③プロジェクト作成
毎回、何から作ってたか忘れてしまう。
Mavenの場合、誰かがこんなパターンおすすめだよみたいなのを登録してくれているので
その組み合わせを選ぶぽい。
よく本とかではKitchen sinkなんかが取り出されてるけど、
毎回ディレクトリ構成とかが気に食わなくてやめてた記憶。

でもMavenお勧めはなんかしっくりこないことが多いので、Java EE Web Projectから作成。
2年前はSeamを選んでた気がするが、CDIに名前変わったんだぜって記事に書いた記憶が復活。
Create blank Projectにチェックいれた?
Wildflyはこの時点ではEAP6、AS7.1、8x/9xとしか出てこない。
使いたいのは10.xなので警告無視して次へ進む。

Mavenと違って見覚えのある形のWorkspaceになったので満足。
Mavenの場合、Wildfly10選んだのにJavaSE1.5みたいな単語が見えて怖かった。
Java EE Web Projectも怪しいのでプロジェクトのプロパティを変更。

Build pathの変更
ぐぬぬ。。jdk9(jre9)が選べない。タイトル詐欺。。。
しょうがないので過去にインストールしてたぽいjdk1.8
JavaCompilerも合わせて変更。

Project Facetsの変更
Dynamic Web Moduleを3.1に。
Javaも1.8に。

JPAの接続先がないとか警告が出るのでPOM.xmlにmysqlのconnectorを追記。
Windowsだと、「%HOMEPATH%\.m2\repository\mysql\mysql-connector-java\」に登録されるのでそこを参照するようにする。
Deploy時に選択できたような記憶があるが、やり方忘れたので残念ながらこの方法で。。

最初のサンプルとして、Member.javaがあるがDBにそんなテーブル無い!とエラーを出してくる。
persistence.xmlを見るとcreate-dropになっているので、起動時に作り直すはず。
というわけで、今度はServersタブから「No servers are available. Click this like to create a new server…」をclickしてサーバを追加する。

サクッと登録して、起動!
http://localhost:8080//
うん。動いてる。
mysql で show tables;
あれ。テーブルない。。
そういえば、persistence.xml(?)書き換えてないからテストのデータベース使ってるのか。

この辺から記憶が怪しくなってきた。

ちょっと長くなってきたので次回に続く。。?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *