GoogleCloudPlatform+Wildfly10+jdk9(early)

Bigdata関係をしばらく書いていたけど、ちょっとしたサイトを作る必要が出てきたので簡単に作成。(したい)

また、GoogleCloudPlatformが日本公開が11月ということでお試し版をつかってみます!
300$分も無料で使えるし、なんといっても気になるのは従量課金だと「実際の」料金がどのくらいになるかなので、この方式はありがたい。

日本のリージョンを選びたいときは、asia-northeastを選ぶっぽいですね。
元のリージョンがasia-eastが台北なので、そこよりは北ってことかな。

でも、やっぱりasia-eastリージョンよりは若干お高めになっているのが残念。
でもレイテンシがくそ高い!
最初にケチってasia-eastにしたけど、コマンドのレスポンスなんかは
普段使ってるcloudよりも良い気がするのは気のせいだろうか。

AWSと料金比較しているサイトを見て、2割くらいは安い印象を受けた。
ただ、実際に作ってみると、そのサイトの情報が古いのか、GCPの計算が間違ってるように見える。
AWS側はわからないので、どちらも同じく間違っていれば別に問題ないですが。。。
ネットワークの従量課金部分を除いてインスタンス作るだけならやっぱりAWSは安いね。

でもさすがGoogleという感じで、設定がものすごくシンプル。
会社員時代に隣でひたすらAWSの設定を考えてたり、打ち合わせで一緒にいたときに聞いてたあほっぽい設定が全然いらない。
ネットワーク周りとか本当に簡単すぎて震える。

そんなわけで過去を振り返りながらWildflyの設定などをしていきたい。
以前構築したEAP7がちょうど一年くらい前ですっかり忘れているのでリハビリにちょうどいい。

本当は別の目的で同じ構成組みたかったから一石二鳥!
そして昔記事を書いたつもりだったのに全然ない。
Excelにまとめたんだっけかな。。

次回へ続く。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *