CentOS7.2 + Zeppelin0.7.0 + Spark2.0 + R3.3.1 + RMeCab(再)

前回の9月3日の記事と特に変わりはないはず。
ただし、今現在もZeppelin0.7.0はDeveloper版なのでちょっとは更新されているはず。

経緯としては、AccessLogを読み込むぜー!ってことで、Google先生にアドバイスを求めたら
Parserがお勧めと帰ってきたので取り込んでみた。

参考サイトのまま作り進めていくと、parserは標準からは分離されたということで、
interpreterにorg.scala-lang.modules:scala-parser-combinators_2.12:1.0.4と書いてから挙動がおかしい。

公式にもStatic initialization is deprecated and will be supported until 0.6.0.
ということで、なんとなくの原因はわかるが、解決方法が不明なことと、割と早く復旧しないとまずいので作り直し。
(幸か不幸か作り直しはもう慣れてる)

新バージョンで細かなバグが治っていることを祈りつつ・・・。

ーーーインストール

そして、前回の記事と全く操作変わらずにインストールできた。。
ネタがない!!w

あ、描画速度も体感できるレベルであがってる!
起動時間が長いとgoogleVisが読み込まれなくなる?バグっぽい挙動、
PINGログが出力されまくるのもなおってるぽい。

ついでにgoogleVisの見た目も少し変わってる。

セキュリティも権限がないとそもそも一覧にも出てこないのはナイス修正!
Jobからは見えるけど、Jobからの遷移もバグってるぽくHome画面にいくのでセーフ(?)

今、Import/Exportがちゃんと動いていないようなので、そこが直るのをまったほうがよさそう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *