ZeppelinでNotebookを開くと別サイトにリダイレクトされちゃう問題

angularを使ったりなどで、Webサイトを丸ごと生成しようとするとハマってしまう。

一度生成してしまったらWeb画面から削除できなくなってしまうので、正直バグじゃないかと思うが対処法。
適当に調べてみても見つからなかった。
この時期にZepplinを使うような人はさすがに自己解決できるのかな。

cd ./zeppelin/notebook/
ll ./**/*

-rw-r--r-- 1 15437 Sep 17 19:31 ./2A94M5J1Z/note.json
-rw-r--r-- 1 39530 Sep 17 19:31 ./2BQA35CJZ/note.json
-rw-r--r-- 1 5922 Sep 17 14:07 ./2BVW41M8Q/note.json
-rw-r--r-- 1 311701 Sep 17 11:54 ./2BWVKB8MT/note.json
-rw-r--r-- 1 106937 Sep 17 19:29 ./2BWYU34J7/note.json
-rw-r--r-- 1 48399 Sep 17 12:11 ./2BX45R6Q9/note.json
-rw-r--r-- 1 43073 Sep 17 15:42 ./2BX54X9C4/note.json

grep -R "/test\"" ./*

Zeppelinの仕様として、
一度生成したものはサーバ上にデータを確保しておくことで、サーバを再起動してもコマンドをキックすることなく過去の結果が表示される。
なので、デバッグ中にリダイレクトされてしまうような結果が保持されてしまった場合にはWeb画面上からはどうにもできない。
なので、直接サーバ上に保持されているファイルを修正する。

上記の結果を見ていただければわかるが、notebook単位で分かれているものの、notebookの名前で保持されているわけではない。
今回は、/xxx/test/というnotebookを作っていたため、最後にgrepを行って対象のnotebookを特定している。

拡張子から見てわかる通り、notebookの内容は全てnote.jsonで保持されている。
結果は”msg”というkeyで保持されているので、そこの内容を削除する。

vi ./xxxxx/note.json
/msg
削除したい先頭位置からd$で末尾まで削除する。(””で囲まれているため、最後に”を追加しましょう。)

最後に、メモリ上に展開されている内容をクリアするためにzeppelinの再起動。

これで何とか復旧。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *